雑感。魂の目的について感じるままに

どんな人であれ生まれた以上は生きていかねばならず、それが想像を絶する茨の道であっても逃れることは出来ません。
スピ系の本などには「人は生まれる前に今回の人生を納得した上で生まれてくる」であるとか、
「両親も伴侶も全て生まれる前に自分で決めて」くるなどと書かれているものが多くあります。
もちろんこれは生きている間に確かめようの無い話しなので本当か嘘かといった事では無く信じるか信じないかといった話しとなります。
そうした事を自分の人生に当てはめて考えて見たときに、私は信じざるを得ないと思っています。
例えば、これは以前の記事にも書いたことがありますが、若い頃ある事で少しまとまったお金が必要になりました。
「まとまった」と言ってもわずかな額なのですが、若い頃の私にはそれが工面できず困り果てていたことがありました。
それで色々悩んだあげくに、今回の事が本当に自分にとって必要ならお金は必ず手に入るはずだと思い、
たまたま目の前に現れたパチンコ店に一か八か入ったのですが、どういう訳か丁度必要な分だけ勝ってしまいました。
これだけあればと心に思い描いていた金額が、まさに景品交換窓口から戻ってきたときは何とも不思議な気分でした。
そうして結果的にこの事がその後の私の人生を大きく変えるものになりました。
ちなみに私はうんと若い頃の一時期を除きパチンコで遊ぶ習慣は当時も今も持っていません。
さらにもう一つ。
感覚的な話しで説明が難しいのですが、私は時々何か仕事を始めたり決断したりするときに「この仕事は大丈夫」であるとか、
「この決断は多分間違っているだろう」などと予め分かってしまう事があります。
分かっているけどその決断なり判断を別の決断に変えることはしませんし出来ません。
おそらくそうした感覚は誰にでもあるのではないでしょうか。
こうした感覚に襲われる度に、私は魂は何かしら目的を持ってこの世に現れていると思わざるをえなくなります。
最近、台風や豪雨など自然災害がますます猛威を振るう世の中になってきました。
不幸にもそうした災害で命を落とす方も多くおられます。
そうした不幸さえも、生まれる前に自分で納得していたのだとしたら、少しは気持ちが楽になると思う今日この頃です。

さてさて、何はともあれ美味しいご飯があればそれで幸せ。すてきな一日に乾杯。

◎エビとサーモンとムール貝のパエリヤ
◎水菜のサラダ

 

 


おうちごはんランキング

ほのぼの日記ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください