正夢を見たことがありますか?

このブログでも以前触れたことがあるのですが、私は過去に一度だけ正夢を見たことがあります。
私の実家がある地域に大きな台風が襲って甚大な被害が出たことがあるのですが、その事を夢で見ました。
実際に台風が来るかなり前だったと思います。
スピ系の方の文章など読むと、夢のお告げ的な事柄は例えば数日後とか直近の事を知らせることが多いと書かれていたりするのですが、私の場合は夢の内容が実際に起こるまで多分ひと月くらいはあったと記憶しています。
元々見えない世界の事だったりUFOだったりが大好きな質でしたが、実際にUFOを見たこともないですし幽霊を見たこともありません。
好きとだからといって全く信じていたわけでもなかったのですが、この正夢事件以来好きと同時に見えない世界の存在もハッキリと信じるようになりました。
だからというわけでもないのでしょうが、私の知人には人のオーラが見えたり未来が見えたり霊が見えたりする方が複数います。
いずれの方も普段は普通の社会人として立派に働いている方々です。
それで私も一度自分のオーラが見えないか練習してみた事があるのですが、全くダメでした。
そういう人は最初からそういう風に出来ているのだなあと今では思っています。
知人に言わすとそんな事は人間誰でも出来るはずだと言うのですが私には無理でした。
ただ、オーラは見えませんし未来のビジョンも見えませんが、人は見えざる物によって導かれていると確信出来る様な体験は何度かしています。
これも以前このブログに書いたことがある体験なのですが、一番分かりやすい体験をひとつ書いてみます。
ある時、私の兄が東京で結婚式を行うことになりました。
私は当時も今も大阪に住んでいます。
当時の私には妻と小さな子供が二人いました。
その妻と二人の子供を連れて東京まで出向き一泊するとなると往復の交通費から始まって相当な出費です。
その頃の私の給料はお世辞にも多いとは言えず、貯金も全くと言っていいほどありませんでした。
しかし実の兄の結婚式にお金がないからと言って出席しないわけにもいきません。
私は悩みに悩んだのですが、どうしてもお金の目処が付きませんでした。
そこで私が出した結論は、「パチンコをする」でした。
当時も今も私にはパチンコをする習慣はありません。
では何故パチンコをしに行ったかと言いますと、もし私が兄の結婚式に本当に出席する必要があるなら、天がお金を与えてくれるだろうと考えたんです。
要するに運を天に委ねたという事です。
人生という物は何かしら見えざる大きなものによって導かれている面があると感じていた私は、その時の自分を全て天に委ねることにしたんです。
天と書きましたがこれは神と言い換えても構いません。要するに見えない世界の力の事です。
結果どうなったかというと、兄の結婚式に出るために不足していた金額分だけ、丁度その金額分だけパチンコで勝つことが出来ました。
決して少ない金額ではありません。景品交換所で渡されたお金を見て、私は狐につままれた様な気持ちになりました。
そして瞬間的に納得もしました。
ああ、これは天が東京に行けと言っていると。
そして実際に東京で、私のその後の人生に大きな変化をもたらす出来事を体験しました。
その事がなければ今の私は全く別の人生を送っていたはずです。
今日は私のささやかなスピ的体験を少しお話しさせていただきました。

「宗教・スピリチュアル」

さてさて、何はともあれ美味しいご飯があればそれで幸せ。すてきな一日に乾杯。

◎かに玉
◎ほうれん草の胡麻和え
 
 


おうちごはんランキング

ほのぼの日記ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください