恐怖と判断力と思考力

私は以前経営していたデザイン事務所を倒産させた経験があります。
そもそも行きがかり上の成り行きで始めたデザイン事務所だったのですが、お陰様で何とか軌道に乗り家族を養うことが出来ていました。
デザインという仕事の性質上、人を雇って拡張することは創業当初から考えておらず、生業として家族が養えればそれで良いと考えておりました。
基本的に一人で営業から雑務まで全てをこなす事になりますから、フォローできる得意先の数も限られてきます。
安定して仕事を出してくれる得意先があれば、例え安くてもそちらを優先させるやり方で得意先を選別し最終的に3社の得意先の売上が全体の9割ほどを占めるような事になっていました。
その3社のうち2社が上場企業でもあったので、こちらも実際は個人事務所ではありますが法人成りし体裁を整えてお付き合いさせていただきました。
所が悪いことが起こるときは集中的に起こるもので、まず上場の1社が別の上場企業に買収されてしまいました。
その買収をきっかけに私の所には仕事が回ってこなくなりました。
当時その得意先が最も売り上げておりましたので、これはかなり痛手ではありました。
しかしまだ2社の得意先が残っています。売上は減りますが何とかやっていけるレベルを保っていました。
ところがです。ほどなくして何と残りの上場1社に納品に伺った際に突然取引の停止を申し渡されてしまいました。
業績の悪化による作業の内製化をすることになり、外注を辞めることになったとの事でした。
担当者の方は本当に心苦しそうに話して下さるのですが、会社として決まったことをその担当者が変えることも出来ません。
さすがにこの時には目の前が真っ暗になってしまいました。
当時の私には丁度大学に進学する頃の息子が2人おり子供達に最もお金のかかる時期でした。
頭の中にはお金の事が渦巻いていました。
もちろん新規の営業に出かけるのですが、こうしたときには何故か不思議に良い成果は得られません。
毎日疲れて事務所に戻り、暗い顔でパソコンの前に座る日々でした。
残ったのは非上場の得意先1社のみだったのですが、これも運の悪いことにこの得意先は大きな仕入れが発生する得意先でした。
デザインというのは基本的に仕入れの発生しない業種です。
すべて頭の中から出てきたことを形にして提案するわけですから原価はタダです。
純粋にデザインのみを販売する場合はこれでいけるのですが、デザインしたチラシなどを印刷に廻すとそこで仕入れが発生します。
残った得意先には印刷物を納品していましたので、かなり高額の仕入れが毎月発生していました。
ただ、それまでこの得意先様は大変に金払いが良く支払いが遅れることはただの一度もありませんでした。
ですので資金繰りに関しても、まず代金を回収してから払えば良いわけで困ることは想定していませんでした。
ところが、本当に悪いことは続けて起こる物で、何故かこの頃から急に支払いを渋るようになってきたんです。
本来の支払日を延ばして欲しいとの連絡が頻繁に入るようになりました。
そんなわけで資金繰りが急速に悪化した私は当然銀行に借金を重ねるようになり、そのまま資金繰りが改善する事無くあえなく倒産とあいなりました。
今思えば、この頃の私は本当にバカな判断ばかりしておりましたので当然やる事なす事うまくいきません。
結果的に頭の中は本業の事ではなくお金のやりくりの事ばかりになります。
こうなるともう悪循環から抜けられません。次第に借金の返済に窮する様になると、返す先と返さない先を分けざるを得なくなり一部で資金のショートが起こります。
すると返さなかった先から毎日の様に借金の返済を促す電話が掛かってくるようになります。
もう仕事どころではありません。事務所を引き払い自宅マンションも手放し夜逃げ同然で引っ越しを余儀なくされました。
私がこの経験から学んだ最も大切なことは、人は心の内に「恐怖」を養ってはいけないと言うことです。
恐怖心が心の大半を占めるようになると、悪い結果ばかり想像するようになります。
すると実際の結果も全て悪い物になり恐怖をさらに助長する事になります。
これが延々と続きます。こういった状態の時には思考も停止していますから判断力も鈍ります。
ただただ悪いことばかり起こる現実を生きる事になります。
私の場合は、心がこうした悪いループから抜け出すのに5年以上かかりました。
そんな私が最近の世の中を見るに付け、コロナの恐怖を煽るマスコミや政治家はもう害悪としか言いようのない存在になったと感じます。
実際の現実を知らせることの努力はせず、ただ恐怖心を人々に植え付ける事だけに注力しているようにしか見えません。
コロナで亡くなった方の数や感染者と名付けられたPCR陽性者の数ばかり報道しますが、
コロナで職を失い人生の辛酸を舐めている人の数は誰も気に留める様子はありません。
私から見て、今の世の中は恐怖に支配された狂った世の中に見えます。
コロナやワクチンの事で侃々諤々やりあうのも結構ですが、そろそろ足下の暮らしをしっかり見つめようという空気が生まれて欲しいと切に願う今日この頃です。

さてさて、何はともあれ美味しいご飯があればそれで幸せ。すてきな一日に乾杯。

◎チキンのトマトソーススパゲッティ
◎ブロッコリーのサラダ
 
 
 


おうちごはんランキング

ほのぼの日記ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください